カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

ハワイアンモチーフの種類と意味

ハワイアンキルトとは

ハワイアンモチーフの種類と意味

ハワイの代表的な民芸品であるハワイアンキルトは、1800年代にヨーロッパから伝わったパッチワークが元となっています。
ヨーロッパとは違うハワイの常夏の気候では、寒さを防ぐためのキルトは必要がないため、装飾品・芸術品としてのハワイアンキルトが広まっていったのです。キルトのモチーフにはハワイの植物や海の生物、王様のシンボルなどがあります。

古来ハワイの人々は、植物に精霊が宿っていると考えていました。
その植物などをモチーフとしてデザインし、ハワイアンキルトとして、丁寧に手縫いで仕上げていくことで、聖なる力や願いを込めていたのです。

●ホヌ(Honu)

ハワイ語で海ガメという意味です。
「守り神・幸せを運ぶ神聖な生き物」として、ハワイでは神の使いとして崇められ、神や祖先がホヌに姿を変えて見守ってくれていると考えられています。

●アロアロ(Aloalo)

ハワイ州の花であるアロアロは、ハワイ語でハイビスカスを意味します。
「上品な美しさ・信頼・恋」などの花言葉から、恋のチャンスなどを与えてくれると考えられています。
ハワイでは、アロアロを髪にさす風習がありますが、未婚の女性は右に、既婚の女性は左につける決まりがあります。

●マイレ(Maile)

ハワイ語で神が宿る神聖な葉、絆を結びつける、平和を意味します。
結婚式ではマイレで作ったレイで新郎新婦の手を結び、神聖なる結びつきを表現します。

●ウル(Ulu)

パンの木を意味するハワイ語で、「希望・成長・繁栄」の意味があるとされています。
ベビーベッドなどに使用され、初めて手作りするハワイアンキルトのモチーフとして選ばれることが多いのです。

クロスステッチで表現するハワイ

ハワイアンモチーフの種類と意味

当HPでは、クロスステッチのオリジナルデザインをチャート(図案)やキットで販売しています。
特に、ハワイアンは、伝統的なハワイアンモチーフを取り入れ、通常デザインにハワイアンテイストを加えデザインしています。
手作りの楽しさを、ハワイアンクロスステッチで体験してみてはいかがでしょうか。



コラム

ページトップへ